Sammy the cat & His family

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NY

ケベックを出て何度も止まりながらNYまで10時間かけて戻ってきました。
今回家に帰るまでに計1800マイルもドライブしたんです。
1800X1.6=2880km, 2880Kmの旅ってすごくない?
東京から香港まで車で行くくらいみたい(笑)。

さてNY。
特に観光したいわけでもなく、とにかくUniqloと日本の食品が買えればいいと思っていたので、
写真も極端に少ないです。

里帰りの際にはよく行くので子供達にもなじみのある牛角。
牛角でテンション上がる君はさすが半分日本男児!G君!
ちょっと日本に無いメニュもあったりして、おもしろいけど、
やっぱり日本のがおいしいなあ、っていう感想です。


ユニクロでAnnaと自分の服も仕入れ、ミツワで日本のグローサリーも調達して、
大満足でMDへの帰途につきました。

NY編はこんなにあっさりで終わっちゃいます(笑)。


スポンサーサイト
  1. 2013/07/15(月) 21:35:05|
  2. おでかけ
  3. | コメント:0

Quebec 2

たったの2日しかなかったので、本当に街の中をさーっと歩き回っただけだったのですが、
やっぱりすべてがアメリカとは違うヨーロッパ的な風情で、私は十分に楽しめました。




フニキュラーの崖の上の乗り場からセントローレンス川を見下ろす。
このシティーは崖の上のお城のホテルのあるところ(アッパータウン)と崖の下のロウワータウンに分かれていて、坂の上り下りプラス階段で行き来出来ますが、ケーブルカーもあります。
この乗り物、「フニキュラー」というのですが、あの「フニクリフニクラ」と同じ語源です。
話がすごくそれますが、フニクリフニクラをWikiで調べたら
こんなことが書いてあって、興味深く読ませてもらいました。

IMG_1426.jpg



プチシャンプレン通り。
かわいいお店がたくさん並んでいます。
置いてある商品よりもお店の構えのほうがかわいいと思ってしまう。

IMG_1443.jpg



植木鉢がこんなにかわいいなんて...。

IMG_1455.jpg



お食事をしたレストランの前で。
雨は降ってるわ、寒いわ...。

IMG_1462.jpg


クロックムッシュ、って日本で食べてたのと違うなあ。
ちなみにこのレストランは観光客に人気のようでした。
おいしかったですよ。


Le petit cochon dingue

IMG_1464.jpg
  1. 2013/07/13(土) 11:54:23|
  2. おでかけ
  3. | コメント:0

Quebec

今年は雨が多いアメリカ東部。
このトリップ中も大きなストームが大陸の真ん中あたりから東部にかけて移動中だったために、
ずっと雨か曇りの残念な空模様でした。

バーモント州の山間部でものすごい集中豪雨を受けたりしながら、
ボストンから約8時間(寄り道しましたけど)、やっとこさケベックシティに到着。

ご存知のとおりケベックはフランスの植民地だったので、今でもフランス系が90%で公用語はフランス語です。アメリカとの国境を渡ったとたん、道路標識もフランス語になります。

ただ本場フランス語とケベック・フランス語には違いがあるそうです。
イギリス英語とアメリカ英語の差や、スペイン語と中南米スペイン語の差よりも大きいんですって。
本場のフランス語に比べて英語からの借用語が多く、また文法・語形・発音も多少の差があるそうです。
ケベックへの初期の移民はノルマンディーなど地方出身者が多く、フランス革命の時のフランス語の語形や発音が残っているため、フランス本国人は古い田舎のフランス語と感じる人もいるそうです。
ふうん。
ま、フランス語なんてぜんっぜん分からない私にとっては、どうでもいい(失礼)ことなんですけどね。

国境を渡ったとたんに看板が読めなくなったG家一行は、
唯一フランス語をかじっているANNAに「あれってなんて書いてあるの?」と質問攻撃。
途中で、「わたしだってわかんないよ!もう聞かないで!!」とブチ切れていました(笑)。


曇り空の下のシャトーフロントナックホテル。
古城のたたずまいで、ケベックシティのランドマークとなっています。
このホテルに泊まるには相当$$$が要るんだろうな、と思って選択肢にも入れていなかったのですが、
帰ってきて調べたら、自分達が泊まったホテルのほうが高かった。なんだ。
次回また行くことがあったら、ぜひ泊まってみたいです。
P1090350.jpg

カナダまで来てなぜ?と言われそうですが、着いた日の夜は「ほさかや」さんというラーメン屋さんに行きました。
ドライブ中いまいち調子のよくなかった子供たちもラーメンのおかげで一転大盛り上がり。
しかし残念なことに、お味のほうはJust OK、ってかんじでしたね。
いく前に見た誰かのリヴューに『ラーメンの味は...「がんばれ」という感じ。』と書いてあるのをみましたが、まさに私も同じ意見です。
P1090323.jpg

ホテルのインテリアなど、『赤』の使い方がかわいいのがフランス風?
なんだか感化されそうです。
P1090320.jpg


つづく
  1. 2013/07/13(土) 09:13:23|
  2. おでかけ
  3. | コメント:0

Summer 2013

メリーランドの夏休みは中盤に入りました。
日本はまだはじまってないのにね。
今年は日本への里帰りもないので、
近場で海外旅行気分を味わおうということで、
カナダのケベックにRoad Tripしてきましたよ。

もちろんストレートに行くには遠すぎるので、
行きはBostonを中継、帰りはNYを中継してきました。
ボストン2泊、ケベック2泊、NYに2泊。
人に言ったら「もっとゆっくりすればいいのに。」と言われましたが、
たしかにそのとおりだったかもしれません。


まずはBoston への途中で寄ったNY州のWest Point。
Armyの士官学校です。
AnnapolisのNaval Academyもすてきなところだけど、
ここの風光明媚さにはかなわない。
こんなにきれいなところだとは知りませんでした。
IMGP1044.jpg


ボストンでは観光するのに歩いていけるダウンタウンのマリオットに泊まりました。
なるべく節約したいのでDaddyの貯めてるホテルポイントを使ってね。
P1090106.jpg


着いた日はボストンコモンズなどを歩いて散策。
そして2日目はボストンのミュージアムへ。
P1090143.jpg

DCのスミソニアン(すべて無料)ですっかりスポイルされている私達は25ドルの入場料がやたら高く感じる。
でも有名な作品も多かったし、Special Exhibitionのサムライ展がよかったので許す。
 6 June1

P1090154.jpg

とんでもない数の甲冑や兜、武器、馬具などのコレクションはテキサスかどこかのお金持ちの個人所有らしい。アメリカのお金持ちってスゴイ。
P1090159.jpg

美術館のあとはポールリヴィアPaul Revere(Wiki) の像と彼ゆかりのOld North Churchへ。
ちょうどこの日、アイスホッケーの決勝の日だったので、地元Boston Bruinsのユニフォームを着せられてるPaul。手がつっこみのかたちになってるー。
P1090254.jpg


翌日はケベックに向けて出発の前に、USS Constitution 号を見にいきました。
世界最古の現役軍艦。
ツアーをやってくれてるのも現役海軍のみなさん。
1797年に進水したっていうんだから、200年以上か。
P1090281.jpg

船のわき腹からずらっと出てる大砲。
P1090294.jpg




Bostonを出てドライブ中、「Shaker Village」というサインを発見してしまったために、
嫌がるジョージには悪かったが、ハイウェイを降りて寄り道してしまった。
 P1090302.jpg

マミーはShaker Furnitureを扱ってるお店で働いてたこともあったので、
Shakerには目が無いのです。

P1090305.jpg



ケベック編に続く...。
  1. 2013/07/10(水) 09:14:43|
  2. おでかけ
  3. | コメント:0

プロフィール

aichiman

Author:aichiman
メリーランドで元気にやってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (171)
子供 (80)
季節 (109)
食 (58)
Family (21)
Craft (24)
文化 (19)
学校行事 (9)
Garden (54)
自然 (7)
Cats (51)
おでかけ (32)
everyday (13)

最新記事

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

摂氏/華氏 温度変換器

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。