Sammy the cat & His family

Wedding

Wedding,行ってきました。
場所はBaltimore。
ゲストのほとんどはBWI空港近くのホテルにウエディングプランという形でチェックインしましたが、
日本のようにホテルが会場と言うのは案外少なくて、今回もレセプションをやったのはカントリークラブ的なところ。
セレモニーはアウトドアの緑の中で。
続くレセプションは1700年代に建てられたという家とそこにつなげて作られたテント張りの会場。

もうがんばって家も買っちゃった新郎新婦だから、やたらとファンシーなウェディングをする気など最初からさらさらありません。いろいろ援助したい親たちのオファーを最小限に抑えて、手作り感いっぱいのシンプルだけどほんとに素敵なWeddingを実現しました。

これを成功させた功労者がこの真ん中あたりではだしでおどってる方。
ブライドメイド&フラワーガールのドレスの仕立て、ブーケ作り、その他のフラワー関係すべて、テーブルセッティング、などなど全部彼女がやったらしい。たまたまこの人が遠縁にいたのはホントにラッキーでしたね。
この人の話を聞いてるとワクワクします。
いつかまたこういう仕事をするときがあったら無償で働くから手伝わせてほしいわ~。



この写真はそんなに失敗したようには見えないけど、
コンデジの設定を間違ったままDaddyにカメラを渡しておいたら、この日に撮った写真はみーんなボケボケでした。うーん残念。

IMG_7501_convert_20100629100046.jpg

花嫁の父はTexasでシェリフをしてる人。
納得ってかんじのファッションですね。
見えてないけどブーツ、とんがってます。
IMG_7504_convert_20100629100123.jpg


お幸せに~。



スポンサーサイト
  1. 2010/06/28(月) 00:43:07|
  2. Family
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Test

給食おばさんのテスト、水曜日に受けたんだけど、受かってるかな?
勉強したりものを覚えようとしたりっていうのは、時々こうやってやったほうが脳の老化予防になりそう。

ところでこのテスト、英語を読まない人のためにいろんな国の言葉の翻訳バージョンあります。
まあこの国にはありとあらゆる国のレストランがあるわけですから、そういったレストランで働く人たちのために、いろいろな言葉の翻訳バージョンがあると言うのは理にかなってます。

このセミナーのインストラクターの女性は以前日本に住んだことのある人でした。
この彼女がとってもいい人で、気を利かせて私に日本語と英語の2ヶ国語の問題用紙を用意してくれました。
しかーしこれが大変。この問題を開けてみてびっくり、間違いが多いんです、日本語のほうに。
テストはマークシート方式なので全問選択問題です。その選択肢の日本語訳のほうの記号がオリジナルの英語の方の記号とあっていないのです。90問中7~8個、そういう間違いがありました。
たとえば正解がA.だったとしても、日本語訳のほうの正解はA.ではなく、A.の翻訳したものはB.に書いてあったりするのです。
後は単純に訳そのものがちょっとおかしいというのが10問くらい。
これは何かの陰謀???
英語が読めない日本人が受からないようにするため、とか?なんて。
 
インストラクターにはすぐに報告しました。
そうしたら「おかしいと思うところを全部この紙に書き出して!」と言われてしまって。
テスト中に彼らのために働いちゃいましたよ。まったくもー。


[Test]の続きを読む
  1. 2010/06/25(金) 23:55:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男の子って...。

おもしろい。
ちょろっと買い物に行って帰ってきたら(昨日はDaddyが家にいました)
「その紙袋使ってもいい?」とBoys。
「なにつくるの?」と私が聞くと、「マスク。」と言って、最初は顔に被るものを作っていました。
そのうちBodyにつけることを二人で思いつき、さすがちょっとお兄ちゃんのL君が、
「ぼくはこれにSix-Pack(おなかの割れた筋肉)を描くんだ。」といって、アレンジを始めました。
とはいっても真ん中に魚の骨のようなものを描いただけ。
「なんかStitchにみえるね。」なんて二人で試行錯誤しているので、
おせっかいマミー、「もっとかっこよくしてあげようか。」とオファーしてみました。
やってやって~、と言うお言葉に甘えて、「鉛筆で描くから自分でマーカーでなぞってね。」と、ちょっとやりすぎかとも思いましたが、乳首までサービスで付けてみました。
これが思いのほか大好評で、ここから二人のイマジネーションが大爆発。
「ナイフが刺さってるみたいにしよう。」「血をドバーっとだそう。」「矢も刺さってるように描こう。」
となんだかどんどん痛い話になってきました。





このあと二人でドラマを作るところまで発展したので、その演じてるものを動画で撮影させられる羽目にまでなりました。
なんかグサーっとかドバーっとかそんな話だったんだけど、ほんとに男の子のそういう感覚ってわかんない。

L君、これを家に持ってかえって大丈夫だったかなあ。
「Mrs.Gが乳首を描いてくれてね....」とか余計な話をしてないといいなあ。





  1. 2010/06/25(金) 23:32:40|
  2. 子供
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

輪ゴム....。

Silly Bandz とかZany Bandzとかいろいろ名前はあるけど、これ、輪ゴムがいろんな形してるだけなのに、けっこうなお値段するのよね。
2ヶ月くらい前から「買って」と言われていたのですが、「輪ゴムでしょ~。」と相手にしませんでした。
でも先日あることのご褒美に買ってあげることに。
何がいいのかさっぱりわかりませんが、高校生もしてる子いるし、昨日はPolice Officerもしてました。案外みんな流行に流されやすいようです。アメリカ人て。

IMG_7432_convert_20100622200719.jpg

顔は撮らないで、なんて何を急にかっこつけてるのか知りませんが、輪ゴムをつけてCool kidにでもなったつもりなんでしょうか?

Amazon.comでも売ってるのね。
この真ん中のブルーのやつ、「あー、かわいいネコちゃんだね。」って言ったら、「え、どこどこ?ネコなんていた?........マミー、これSnail(カタツムリ)だよ。」といわれた。
たしかに。
その前にはフクロウを見て「ネコちゃん!」と言った私。
脳が退化してるかもしれない。






  1. 2010/06/22(火) 05:53:40|
  2. 子供
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひさびさSammy

給食のおばさんにもTestというものがあります。
まあ受けても受けなくてもいいものなんですが、
ただで受けられる検定や資格はなんでも取っておこうということで.、セミナー&テストを受けることにしました。

Study Guideをダウンロードして読み始めたら、これがまた覚えることが盛りだくさん。
バクテリアの名前とか病気の症状を表す言葉とかって、英語が母国語じゃない人間には結構難しい。

それで寝る前にちょっと勉強しようと、ジョージのバンクベッドの下の段でこっそりライトをつけて、スタディーガイドを読んでました。
...もちろんそのまま寝てしまったマミー。

翌朝起きると、こんな感じでSammyに見張られてました。
いつもはマスターベッドルームのドレッサーの上から見張られてるのですが、
場所がかわってもやっぱり見張られてました。
彼にしてみれば、朝いちで「ごはんちょうだいこうげき」を真っ先にかけなければいけないのは、他でもないマミーですからね。
(私がカメラを取りに起き上がるとついてきてしまうと思ったので、寝たまま叫んでDaddyにカメラを取ってきてもらいました。)



「もうしゃしんはいいからはやくごはんにしてください。」

IMGP0272_convert_20100621073811.jpg


久々登場のSammyでした。


  1. 2010/06/20(日) 20:06:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

父の日

今日は父の日。
父の日が母の日に比べてちょっとマイナーなのは日本もアメリカも変わりませんね。
 
うちでは日本の父にもDaddyにも得意のAmazonギフトカードを送ってあったのですが、
ちょっと味気ないなと思って、朝起きてくる前に大急ぎで庭の花をかき集めてかざっておいてみました。
...が、起きてきたのは11時過ぎくらい。
で、なんと気がつきませんでした。ジョージが見てみてーっていうまで。とほほ。
ま、昨日までAnnaのバレエの発表会の時にもらった花がそこにあったので、花の種類が変わったくらいじゃ気がつかないかもね。(そんなことに気がつくのは女かおカマだということです。)



午後からFather’s Dayランチに行きましょう、ということになりまして...。

私がいわゆる「ステーキ」というものがあまり好きではないものだから、うちではあまりCookしません。
だからこんな日こそステーキハウスに出かけました。

いいのいいの。
私はもうすぐ日本でおいし~日本食がたっくさん食べられるんだから。
考えると楽しみでしょうがない。くーっ。










  1. 2010/06/20(日) 19:09:15|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ballet

バレエのPerformanceが終ってやっと一息。
先週はリハーサル続きの週でした。
加えてバックステージMom(バックステージのお世話係、黒子ママ)もやることになってしまったし。
金曜日のショーのバックステージならやってあげてもいいよ、とは言っていたものの、その後に「それじゃあ金曜日にお願いします。」という連絡が無かったために、すっかりだれか他に人がやることになったものとばかり思って気を抜いていたマミー。
ドレスリハーサル(木曜日)の一時間前に、ボランティア一覧表の発表のEmailを見てそこで初めて自分がBSMだということを知ったのでした。
子供のバレエの発表会だと思ってなめてはいけません。
上のクラスの子達はものすごく真剣に裏で練習してるし、女の子によってはかなりテンパってピリピリしてるし、舞台から引けてくるダンサーのコース上にいたりとか衣装のQuick changeのスポットに知らずに立ってたりしたら、クルーにどつかれます。

IMG_7392_convert_20100614093553.jpg
Annaのいるクラスは下は13歳から上は17歳。
みんなもう自分で何でも出来るし、ヘルプが必要なときにもこうやって友達同士で助け合うので、
基本的には黒子ママ、「そこにいるだけ」なんですけどね。
でも縫い物なんかはやっぱりアメリカ人の子は全然得意では無いので、衣装のほつれや微調整のときに、ちょっとだけ出番があります。

IMG_7402_convert_20100614070231.jpg

この白の衣装の後にブルーのに早替えするので手に持って舞台裏に入るキューを待ってるAnnaたち。
シューズもトウシューズに履き替えなので、まだ履くのがトロい娘を軽く心配してしまう。

舞台裏の写真が撮れたのはよかったな。
「撮ってもいいの?」と先生に聞いたら、「それがバックステージママの特権よ~、どんどん撮っちゃって~。」と言ってくれたのでお言葉に甘えてたくさん撮らせてもらいました。

IMG_7404_convert_20100614072602.jpg

今年もまた、ほんっとに楽しそうに踊ってるAnnaを見られてよかったです。





  1. 2010/06/13(日) 19:33:10|
  2. 子供
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たけのこ

近所のタイ人のお友達にタケノコをいただきました。
ベースの中の竹林で今日の朝取って来たそうです。
彼女たちは毎年タケノコ狩りに行っており、ある年誘ってくれて私も一緒にいったことがありますが、
なかなかタフな仕事です。

細身のタケノコは破竹(淡竹と書くのが正しいらしいけど...)ですね。
孟宗竹の太くて短い筍とは味もなんとなく違います。
皮をむいてとりあえずゆでました。
ゆでたては香りが(味も?)コーンっぽいです。



かなりたくさんあるけど何をつくろうかな?
IMGP0237_convert_20100606115608.jpg





  1. 2010/06/05(土) 22:25:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

うひょ~Jr.



せっかくAlexandriaまで出て行ったので、Alex在住のYちゃんに会ってきました。
引越し先の片付けも順調に進んでいるようです。

そしてそこから目と鼻の先のSさん(子猫のママ)宅へもまたまたお邪魔。

マミーが子猫2匹と ウホウホな写真 を撮ったのをうらやましく思っていたAnna、願いがかないました!
IMG_7375_convert_220100605233255.jpg

2週間前よりちょっと大きくなってます。
成長早いわ、やっぱり。人間より4倍だか5倍だかのはやさで歳をとるのがわかる気がする。



最近ひとんちのねこばかりブログにのせるし、違う猫の匂いをつけて帰ってくるしでSammyはご機嫌ななめです。
とどめに昨日お風呂に入れたら完全によそよそしくなりました。
Sammy~ごめんよ~。
  1. 2010/06/05(土) 20:03:22|
  2. 子供
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ピアス

ここ3年くらい「ピアスの穴を開けたい。」と言い続けていたAnna。
先日やっと開けてきました。
親友Mちゃんとそのお友達といっしょに。
場所はOld Town Alexandria、Kingストリート沿いの「Taday’s Cargo」というかわいいジュエリーショップ。



このみち30年のオーナーのDonnaさん。
後のケアのことなど、学校の先生のように丁寧に教えてくれました。
IMG_7365_convert_20100605232920.jpg

モールのアクセサリー屋さんなどでお手軽にやるのもいいけど、
こんな風にちゃんと思い出に残るイベントにするのもいいもんです。

IMG_7369_convert_20100605233049.jpg



  1. 2010/06/05(土) 17:28:27|
  2. 子供
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Patio Fireplace

ご近所の日本人友達Sちゃんに、アウトドアで暖をとるためのストーブをいただきました。
引っ越して行ったお友達からもらっていたものの、Sちゃんのところには赤ちゃんがいるので危険で使えないということで、うちに回ってきたわけです。いえい。

メモリアルウィークエンドの日曜日に家でちらっとCook outをしたので、早速使ってみました。
キャンプでよくやるS’more(スモアー:あぶったマシュマロをチョコとグラハムクラッカーでサンドウィッチしたもの)。
特別おいしいものではありませんが、子供はマシュマロを焼くのがたのしいわけです。
「火」に妄執しているあぶない少年ジョージ。
マシュマロをボーボー燃やして、食べる気なんか全くありません。(後ろの友達Lくんも同様)




実は裏庭にFire Pitが作りたいな~とずっと思っていて、
こーんな妄想をしているのですが、↓
firepit1.jpg

それは無理だとしても、このくらいなら半日あれば作れるかな?
firepit7_162.jpg


でも例のヘビ騒動があって、裏庭の芝生の上にお客様を立たせるのは気が引けたので、
このストーブがあってほんとによかった。
Sちゃんありがとう。





  1. 2010/06/05(土) 10:04:11|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Capital Day

Annapolisの姪のうちでのBBQのあと、思い立ってDCに行くことにしました。
というのも、実は今年のAnnaのバレエの演目が「Capital Day」という先生の新作で、
パフォーマンス当日のLobbyのDisplay用に生徒たちがDCで撮った写真を提出するようにいわれていたのです。
近年DCに行ってもわざわざ写真撮ることがなかったので、提出用に写真を撮らなければとずっと思っていました。
ちょっとAnnapolisからは遠いけどDaddyの運転で行けるならなれない私がDC内を車でうろちょろするよりは断然サクサクと行きたいところをまわれるはず。





Annaが踊るお題目は「Library of Congress(議会図書館)」「Reflection Pool」「Washington Monumennt」「Latin Embassy」の4つ。
できることならそれらの前でポーズした写真が撮りたいと思っていたので、日没がせまる中、敢行してきました。
ラテンエンバシーには行けなかったけどね。

駐車スペースを探す時間も惜しかったので、Daddyに目的地で下ろしてもらって、グルっとブロックを一周二周してくる間に写真を撮る作戦。
案外これで時間がたっぷりあったら、ポーズをとるのをためらったりしたのかも知れなかったけど、
「No time to be shy」ということは本人もよく分かっていたらしく、本当にささっとものの30分くらいで全部撮れちゃった。

それにしてもこれ、ワシントンモニュメントって遊んだ写真を絶対撮りたくなっちゃう形してるよね。
IMG_7294_convert_20100602111600.jpg







  1. 2010/06/01(火) 21:15:22|
  2. 子供
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Memorial Day Weekend

5月末のMemorial Dayから9月始めのLabor Dayの間がいわゆる「夏」なんですね、アメリカでは。
この日から屋外プールが始まったりするわけです。
始まりの日と終わりの日にはみんなで集まってCook Out、っていうのが定番です。
今年のCook out一発目は、先週のBridal showerの主人公、姪が新居でParty Hostに初チャレンジ、ということでお邪魔してきました。
Annapolisのイーストポートというところにあるかわいいおうち。
みんながプレゼントしたキッチン用品やお皿などがしっかり活躍しているのを確認できましたよ(笑)。

たぶん60年代、もしくは50年代に建てられた小さな家だけど、新婚さん(式はまだだけど)2人で一生懸命手をいれてきれいにしてあって、おしゃれでした。
知らなかったけど、ここんちにもSammy色の猫がいた。
おりこうさんで窓が開いてても誰かさんみたいに脱走したりしません。




Hey Kitty,新しいおうちはどう?






  1. 2010/06/01(火) 20:36:25|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Cupper head 騒動

もう6月になってしまいましたー。
先週は裏庭にCupperhead(アメリカのマムシです)が出てしまいまして、それで大騒ぎしていました。
ヘビが嫌いな方のために写真は追記のほうに貼ってあります。
去年、お隣の裏庭にカッパーヘッドが出たということで、駆除の業者を呼んでかなり大掛かりな庭のクリーニングをしていたのをこのブログにもちらっと書いたのですが、やっぱり家にも出てしまった。
裏が林になっていて、どこまでがうちの土地でどこからがカウンティー(郡)のプロパティーなのかというのが結構あいまいなので、うちのものではなさそうなちょっと奥まったところには、木が倒れていようが何が生えていようが全く気にしていないばかりか、どうせ土に還るものだということで、刈った芝生などのヤードウエイストを捨てたりしていました。
倒れた木や私たちが捨てた枝、背の低いブッシュタイプの植物、枯葉の土壌、適度な木漏れ日、おまけにもっと奥にいくと大雨の時などにはちょっとしたストリーム、小川ができる。
これみーんなヘビの大好物。
今いろいろ対策を考え中です。
Daddyとしては自分の土地でもないところに大金をかけたくない、それはよーくわかるけどなんてったって毒蛇だからね。せめて家に近いほうだけなんとか自分たちで低い木などを切って、ヘビよけの薬を撒いたりするしかないかな。この週末にかなりDaddyがやってくれましたが、まだやることはいっぱい。

泣きっ面に蜂、ってほどのことでもないけど、昨日のメモリアルデーにもうひとつ問題が発生。
ベースメントのPlumbing system(水道、配管関係)が壊れてしまって、こっちも修理が必要。
こっちはお金がかかりそう~~~$$$

そんなことが家で起こっているとはつゆ知らず、
昨日のメモリアルデー、Annaの初めてのピアスの穴をあけに行くために、女子はお出かけしてました。
その話を含め、週末の話は次の記事以降に。





[Cupper head 騒動]の続きを読む
  1. 2010/06/01(火) 07:45:10|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

aichiman

Author:aichiman
メリーランドで元気にやってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (171)
子供 (80)
季節 (109)
食 (58)
Family (21)
Craft (24)
文化 (19)
学校行事 (9)
Garden (54)
自然 (7)
Cats (51)
おでかけ (32)
everyday (13)

最新記事

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

摂氏/華氏 温度変換器

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード